ニュースリリース

2011年01月24日
千葉九十九里・宿泊プラン 自作のガラス食器で伊勢海老を堪能!
「九十九里の技と味」を満喫できる企画
奇跡の崖、屏風ヶ浦で過去へタイムトリップ“銚子ジオツアー”

株式会社ティー・ゲート(本社:東京都千代田区、社長:岩橋伸行)は、千葉県観光課による期間事業「ゆめ半島ちば 体験型観光普及促進事業」を受託し、現在、千葉県における体験型観光プログラムの普及促進に取り組んでいます。この度、弊社が運営する体験型&着地型旅行商品を扱うトラベルサイト「旅の発見」(http://tabihatsu.jp)にて、本事業のプログラム第二弾として『千葉九十九里・宿泊プラン「自作のガラス食器で伊勢海老を堪能!』の開催が決定いたしました。

硝子工房でご自分が心をこめて作ったガラスの器に、その日の夕食のお料理が盛り付けられたら、お食事が いっそうおいしくなり、九十九里の思い出も膨らみそうですね!「技」の菅原工芸硝子と「食」のサンライズ九十九里のタイアップにより実現した、めったに体験ができない特別企画です。

夕食は、「すき焼と伊勢海老」(東総黒毛牛肉のすき焼+伊勢海老のたたき&鬼殻焼)または「伊勢海老づくし」(伊勢海老の鍋+伊勢海老のたたき&鬼殻焼)からお選びいただきます(2名様より)。技を肴に舌鼓を打ちながら召し上がる新鮮な素材を使ったお料理。また眼前に広がるダイナミックな太平洋の海原は「絶景」の一語に尽き ます。ぜひこの機会に九十九里の「技と味の《美》」の貴重な体験をご堪能いただけます。

詳しくは下記紹介サイトをご覧ください。

《自作のガラス食器で伊勢海老を堪能!》体験ページ URL
http://tabihatsu.jp/program/79337.html

《プログラム概要》
○開催日:2011年2月20日(日)~2月21日
○参加代金:12,300円
○募集人員:10名(最少催行2名)
○申込締切日:2011年2月13日(日)
○内容:菅原ガラス工房にてオリジナルのガラス食器づくりを体験し、創った食器を使って、お泊まりのサンライズ九十九里での夕食に盛り付けてご提供します。

ニュースリリーストップへ戻る