ニュースリリース

2010年07月29日
着型観光を支援するティー・ゲートでは着型観光に興味のある地方自治体関係の方を
対象として、「第3回着型観光ビジネス講座」を開催

株式会社ティー・ゲート(本社:東京都千代田区、社長:岩橋伸行、以下、ティー・ゲート)が運営する、体験型&着地型旅行商品を扱うトラベルサイト「旅の発見」(http://tabihatsu.jp)では、8月20日(金)全国町村会館にて「第3回着型観光ビジネス講座」を開催します。

着型観光を推進するための機能としては、何が求められるのでしょうか。今回のセミナーではティー・ゲートが推奨する「プラットフォーム機能」について考えを共有します。地域振興において、着型観光の重要性が叫ばれていますが、実際に推進する上では様々な課題に直面します。着型観光とは、地域の人が主体的に地域資源に付加価値を与え、最終的に観光へ応用するものですが、そのためには観光業関係者、地場産業、一般市民が連携した自活できるビジネスモデルと、地域側においてこれらをコントロールする機能が必要不可欠です。

ティー・ゲートは、地域における着型観光推進のためには、「プラットフォーム機能」が重要であると考えており、それを推進しています。第3回となる本セミナーでは、「着型観光とプラットフォーム」と題し、その機能の全容に迫ります。ぜひ、この機会にご参加下さい。

「第3回着型観光セミナー」開催概要・お申込(PDF)
http://tabihatsu.jp/course/pdf/seminar_100820.pdf

ニュースリリーストップへ戻る